社会人1年目 100万円貯金する5つの習慣・考え方

社会人1年目、貯金100万円を目指したいけどどうしたらいいかわからない。

今回は、こんな悩みを解決します。

今回は社会人1年目に116万円貯金した僕が実際に行ったことをご紹介します。

 

  • この記事を書いた人

 

この記事を読めば「貯金100万円の貯め方」やどういう考え方をすると効率良く貯金することができるか」がわかります。

社会人1年目で100万円以上貯金する人の割合は全体の約20%と言われています。つまりは100万円貯金することができれば上位20%に入ることになります。1年目から貯金する習慣・考え方を身につけることで2年目以降に向けてより充実した社会人生活を送ることができますよ。

 

この記事の内容

  • 1年目で116万円貯金した僕の実体験
  • 100万円貯金する為の5つの習慣・考え方

 

年収(手取り額)を把握する

貯金額を設定する為に自分の年収(手取り額)を把握することは大切です。
例えば「毎月10万円貯金したい!」と欲張っても収入が12万円では到底達成できる数字ではないですよね。

ざっくりですが僕の社会人1年目の手取り額は下記です。

月収15万円12ヶ月180万円
夏ボーナス5万円
冬ボーナス35万円
合計220万円

 

収入に対して実際の貯金額は以下になります。

月収8万円12ヶ月96万円
夏ボーナス0円
冬ボーナス20万円
合計116万円

 

収入は平均以下ですが会社の寮に住んでいた為、家賃・食費を天引きした金額が手取りでしたので非常に助かりました。

実家暮らし・寮暮らし・一人暮らし 様々なパターンがありますがまずはどれだけ手取り額があるか知ることが最重要となります。

 

せい
貯金の目標設定をする為にまずは自分の収入の情報収集を行いましょう!

 

通帳を大切な人へ預ける

お金をついつい使いすぎてしまう人の最大の特徴は財布の中のお金を使い切り、その度に口座からお金を引き出してしまうことです。

僕は就職で兵庫から神奈川へ上京する前に家族に通帳を預けました。最初はかなり後悔しましたが今思うとその時の判断は正しかったと言えます。

 

せい
思い切って手の届かないところに通帳を保管すると使おうにも使えず貯金出来ますよ!

生活用口座を用意する

給料口座とは別に生活用口座を1つ用意しましょう。給料日にお金が入金された後、生活用口座に1ヶ月分使う金額だけ生活用口座に振込みます。カードの引き落としなど支払い関係も給料口座とは別に用意しておくと尚良しです。

 

生活用口座における重要ポイント

  • コンビニで出金可能
  • 手数料がかからない
  • 大手で信頼性がある

以上の理由から僕は新生銀行を選択しました。
現在は新生ゴールド会員以上のみ手数料無料

 

せい
毎月決まった金額の振込みにのみ給料口座を使う習慣が大切です!

 

具体的な目標をもつ

ただ「漠然と100万円貯めるぞ!」という意気込みでは相当意志が強い人でない限り続きません。大切なのは具体的になぜ100万円貯めたいと思ったかです。

  • 車が買いたい
  • 結婚資金を貯めたい
  • 将来の不安を少しでも和らげたい

実際僕は社会人3年目で結婚したいと考えていました。その為に最低でも2年間で300万円。1年目は120万円くらい貯金するという具体的な目標があったので妥協することなく継続できました。

 

せい
なぜ貯めたいのか、金額設定の際に具体的なイメージを持っておきましょう!

 

正しいマインドセットを行う

マインドセットとは人それぞれに作られる思考パターンです。

 

具体的には

【前提条件】
あなたには行きつけのパン屋さんがありその全てがお気に入りのパンである

パン屋が新作を出したが見た目は正直良くない

それでも美味しそうと感じる

この思考はあなたが既にそのパン屋さんのパンは美味しいと固定的な考え方を抱いているからです。

 

この考え方を僕はお金を使う際に応用しました。
具体的には5000円の買い物をする場面です。

 

ここでのマインドセットは以下です。

  • お金の価値は今も未来も変わらない
  • 今使うお金と未来で使うお金どちらが大切か

この考え方をしてそれでも今使うお金を取るならそれは確実に使うべきです。

 

  • 会社から名刺を付与されたが名刺入れを持っていない
  • 冠婚葬祭用のスーツを持っていない
  • 同僚や友だちのお祝い事

当然ですがこのようなパターンは確実にお金を使うべきです。大切なことはお金をケチって節約することではありません。必要か不必要かを正しく判断し取捨選択することです。

 

せい
本当に今必要なのか見極めることが重要ですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
以上が僕が社会人1年目に100万円以上貯金した習慣と考え方となります。

 

ポイントをおさらいすると以下となります。

  • 収入(手取り額)を把握する
  • 通帳を大切な人へ預ける
  • 生活用口座を用意する
  • 具体的な目標をもつ
  • 正しいマインドセットを行う

貯金開始直後は、なかなかお金が増えず妥協しがちです。ですが基本に忠実に積み上げた先に貯金100万円という未来があります。諦めずコツコツ計画的に貯めることが大切です。

 

今回は僕の実体験をもとに習慣と考え方の重要性についてお伝えしました。

 

せい
是非、参考にしてみてください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

[ブログ村]